体質によって、ワキガになる傾向が高いかどうかが決まります。
そのため、治療時には自分の体質を知っておくことが重要です。
父親と母親のいずれか片方、あるいは両方がワキガかどうかで体質は決まります。
父親と母親が両方ワキガであれば子がワキガになる確率は80%、
どちらかがワキガならその子がワキガになる確率は50%と、
遺伝は大きな要素になっています。

自分の両親がワキガ体質かは、ワキガ体質で治療を求める人なら
とうに気づいているでしょう。治療をしたいほどワキガが気になる人は
、他人の体臭にも敏感です。この他、ワキガ体質の見分け方には
体毛の多さもあります。
毛深い体質の人はワキガ体質の可能性が高いのです。
これは、ワキガの理由となるアポクリン腺の数が、体毛の多さに
関わっているためだとされています。

ワキガの治療は、アポクリン腺がたくさんある人ならその分時間が
かかってしまう時もあるようです。ワキガ体質かどうかの見分け方に、
耳垢の湿りがあります。アポクリン腺は耳の穴の中にも存在します。
そのため、耳垢の湿り気は、それだけアポクリン腺からの
発汗が多いことを意味しています。

ワキの下の発汗も多く、ワキガ体質の可能性が高いというわけです。
服のワキに黄色い汗じみができるかどうかという点も、ワキガ体質かどうかを
判断するための指針になる着目点だとされています。
アポクリン腺から分泌される汗はいろいろな成分を含んでいて
白っぽい色をしていますが、その汗が付着すると黄色いシミができてしまうからです。

自分がワキガ体質がどうかを知るには、耳垢や体毛、汗染みの有無、
両親の遺伝的形質などから調べることができるわけです。
ワキガは日本人では少数派ですが、欧米では逆にワキガの人の方が多いくらいです。
そのため、ワキガを治療しようという動きもごく少数です。
日本におけるワキガの治療方法は各種あります。
手術以外にもレーザーや皮下組織吸引、超音波、ボトックス治療などがあり、
多くの人が利用してワキガの治療をしているそうです。










 カテゴリ